プリンターの故障を抑える使い方② プリンターのローテーション

プリンターを複数台利用しているお客様でよくある話なのですが、プリンターを新機種に入れ替える際に非常にもったいない事象が起きております。

【ケース】
お客様で利用中のプリンターは3台。
今回、5年間のリース期間終了に伴い3台とも新機種へ入替。

古いプリンターの総印字枚数は、
総務部:4万枚  営業部:40万枚  サービス部:12万枚

確かに営業部のプリンターを基準に考えれば総印字枚数もかなり多く今後、プリンターの故障頻度が多くなることが予測されます。
しかし、総務部のプリンターは総印字枚数からまだまだ現役で使えそうな状況です。
こういった部門別でのプリンター利用頻度の偏りをなくすために、定期的に部門間でプリンターをローテーションすることをお勧めいたします!

2,3年ごとに印刷頻度の高い部門⇔低い部門で入れ替えることで設置プリンター全台数が平均的に使うことができ6年目、7年目まで再リースなどで安価にプリンターを
使うことが可能になりますよ!

是非、お試しあれ!