印刷コスト削減事例(食品スーパー O社様)

今回ご紹介する企業様ご使用プリンタご使用用途
関東圏に10店舗を展開する食品スーパーO社様A3カラープリンターPOP(プライスカード)の印刷

長引く不況により、流通業界にも景気低迷の波が押し寄せ、食品スーパーO社様においても業績改善のために抜本的なコストダウンを余儀なくされました。
特に店舗で多く使用しコストメリットの大きい消耗品については、トップダウンによりリバースオークションでの購入指示が下されました。
その対象はゴム手袋とリサイクルトナーカートリッジでしたが、特にリサイクルトナーカートリッジについては1年前に純正品から切り替えたばかりで、品質や運用等大きなトラブルもなく、安定した状態のため、できれば今のリサイクルメーカーの製品から変更したくないのが担当部署の本音でした。
リバースオークションで安く購入することになっても、リサイクルメーカーにより印字枚数や品質レベルがまちまちのため、品質トラブルが多くなれば、逆にその対応で手間や残業(人件費)が増えることを懸念していたのです。
しかしながら、社内事情もありリバースオークションは実施されたのですが・・・。
最終的には既存の製品は現行のリサイクルメーカーで継続することになりました。
それは、現状まで大きな品質トラブルもなく、安定的なコストダウンを維持するためでした。
また、リサイクルメーカーの以前からの納入実績や、最適なプリンターとトナーカートリッジや保守を絡めた提案等いつも顧客のことを考えた対応が高く評価されたのです。
担当者さんが、「やはり、リサイクルトナーカートリッジはリバースオークションで決めなくて良かった。」と安心した顔で語っておられたのが印象的でした。